会社概要

太陽社電気はこんな会社です

固定抵抗器を主力とする電子部品を各種開発しています

太陽社電気は各種電子機器関連メーカー様への抵抗器の提供を通じて、豊かな社会づくりに貢献し、地域社会から信頼される良き企業をめざしています。
私達が提供する製品は、欠陥ゼロを求められるカーエレクトロニクスをはじめ、各種民生機器、産業機器に至るまで、
あらゆるエレクトロニクス分野で幅広くご利用頂いています。

[写真]

太陽社電気の会社概要を紹介します

創業昭和10年以来、半世紀以上にわたり電子機器の主要部品、固定抵抗器の専門メーカーとして、高信頼性部品を国内・外の有力セットメーカーに安定供給し、エレクトロニクス産業の発展と世界の人々の豊かな生活実現に貢献しています。

事業内容 厚膜チップ固定抵抗器の製造販売
創業 昭和10年5月
設立年月日 昭和31年10月6日
資本金 300,193,500円
代表取締役社長 桑原雅之
従業員数 404名 (2018年8月現在)
関連会社 太陽社精機株式会社・・・生産機械、設備の設計・製作
太陽社電気(無錫)有限公司・・・固定抵抗器の製造・販売
TAIYOSHA ELECTRIC VIETNAM CO., LTD・・・固定抵抗器の製造

品質への取り組み

IATF16949 認証取得

TS16949 認証取得

環境への取り組み

ISO-14001認証取得

ISO-9001 認証取得

岐阜県環境配慮事業所(E工場)

岐阜県が定めた環境配慮基準にクリアした事業所を岐阜県環境配慮事業所として登録し、公開する制度。
多治見工場は、初回59事業所の中の1事業所として登録され、御嵩工場、瑞浪工場 も順次登録されました。
平成30年4月に多治見工場、平成31年4月に御嵩工場、瑞浪工場それぞれ 登録更新しました。

登録証
登録証

鉛フリー対応状況

弊社の全ての抵抗器は、鉛フリー対応(電極部 錫100%メッキ)となっており、WEEE & RoHS指令、および ELV指令 にも適合しています。
また、水銀・カドミウム・六価クロム・ポリ臭化ビフェニール・ポリ臭化ディフェニルエーテルについては、従来から一切使用しておりません。
尚、チップ抵抗器各種においては、ガラス成分としての鉛(酸化鉛:PbO)を使用していますが、これはRoHS指令適用除外項目及びELV指令 ANNEXⅡ適用除外項目の、『電子部品に使用されるガラスに含まれる鉛』に該当致します。

WEEE指令
(Waste Electrical and Electronic Equipment)

使用済み電気・電子機器に関する指令。欧州における有害物質規制であり、日本の「家電リサイクル法」にあたります。使用済みとなった機器の回収・リサイクルをメーカーに義務づけており、指定適用対象製品の廃棄物について、その量と有害性を低減することを目的として、分別・回収システムの構築等を要求しています。

RoHS指令
(Restriction on the use of certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment)

特定有害物質使用制限指令。電気・電子機器に置ける特定有害物質の使用規制。使用制限物質は、鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・ポリ臭化ビフェニール(PBB)・ポリ臭化ディフェニルエーテル(PBDE)に、フタル酸ビス(ジエチルヘキシル)(DEHP)・フタル酸ブチルベンジル(BBP)・フタル酸ジブチル(DBP)・フタル酸ジイソブチル(DIBP)を追加した10種です。

ELV指令
(End of Life Vehicle)

廃自動車指令。2000年10月発行した自動車使用部品中の有害金属(①カドミウム、②鉛、③水銀、④六価クロム)の使用を制限する、廃自動車に関するEU指令。2003年7月以降の販売者は原則としてこれら4物質の使用が禁止されています。